1920年代 サルグミンヌ ラヴィエ エルモン ブーケ柄
new
5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45 5ff1bf90da019c276ebcfd45

1920年代 サルグミンヌ ラヴィエ エルモン ブーケ柄

残り1点

¥7,400 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 グラン・ウエストと言われるフランス東部、ドイツの国境沿いのサルグミンヌでは1790年から陶器の制作が行われ、ナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィルロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。カラフルで楽しい作風が人気で、世界中にファンがいるそうです。 一方で、フランス第3の都市リヨンに近いディゴワンでは、きめ細かな土が豊富で、濃密で均質な生地が出来る事から18世紀、1776年から陶器の制作が行われていました。一時フランス革命の影響で活動は途絶えてしまったものの、その後再開、1877年にはドイツ国境沿いにあったサルグミンヌ壺が戦争の影響でドイツ領になってしまい、他のフランス領の土地を求めて、ディゴワンの地に窯を構えました。最終的にはリュヌヴィル、サンクレモンに吸収され、2007年にその活動を終えましたが、リュヌヴィル、サンクレモンで制作が続けられているモデルもあります。 こちらは1920年代から1950年代のスタンプだそうです。 1920年代の流行でしたお花モチーフがハンド・ペイントで描かれたラヴィエ(前菜皿)です。エルモンとパリ郊外の街の名前がつけられています。 真っ白な陶器に、手描きでスカラップのような赤い縁取りが描かれています。中央には鮮やかなレッド、ブルー、グリーンで、薔薇とマーガレットでしょうか?の花が描かれています。素朴で、かわいらしいお皿です。 前菜に、朝食に、おやつに、小物入れに、お好きにお使い頂けます。 他のラヴィエと組み合わせても素敵な食卓になると思います。 たぶんデッドストックのきれいな状態です。 長さ 22cm 幅  15cm 高さ 3cm 重量 300g 価格は1枚フランスからの送料3910円込みになります。