1950年代 ヴァロリス エゴイスト 1人用 ティー・セット
new
5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05 5ff1b7b9f0b1087f5482de05

1950年代 ヴァロリス エゴイスト 1人用 ティー・セット

残り1点

¥12,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 南仏ニースのすぐ隣の街ヴァロリスでは、16世紀頃からイタリアから移住して来た陶器職人によって、陶器の制作が始まったそうです。ヴァロリスの耐熱性の粘土は陶器作りに適しているそうです。最初は調理用器具が制作がされていましたが、20世紀初頭にはアルミやステンレスなど金属製の調理器具が発展してきて、1940年代には陶器の制作は芸術、という別の方向へ進化しました。それ以前にもアーチストが作品を残していますが、1947年にピカソがヴァロリスで陶器の制作を始めたことによって、芸術家や建築家が集まり、ヴァロリスは陶器の中心地になったそうです。カラフルで突飛な作風が特徴です。 こちらはそんなに古いものではないと思います。 1人用のテェイエールと、おおぶりのカップのセットです。 ヴァロリス特有の厚手のとろりとした釉薬のシンプルなサーヴィスです。 南仏、コートダジュールの大地のような深い茶色と、照りつける太陽のような黄色、地中海の波の泡のようなわずかに白いアクセントが効いています。見ているだけで夏の南仏にいるような気分にさせてくれるティーセットです。 たぶん未使用のデッド・ストックです。 テェイエール  直径  13cm  幅  21cm 高さ 11cm 重量 450g タス  直径  11cm  幅  14cm  高さ  8cm  重量  250g 総重量 700g 価格はフランスからの送料5370円込みになります。