{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

1950年代 サルグミンヌ  マリー  ピッシェ ストライプ  Mサイズ

残り1点

¥6,400 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 グラン・ウエストと言われるフランス東部、ドイツの国境沿いのサルグミンヌでは1790年から陶器の制作が行われ、ナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィルロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。カラフルで楽しい作風が人気で、世界中にファンがいるそうです。 一方で、フランス第3の都市リヨンに近いディゴワンでは、きめ細かな土が豊富で、濃密で均質な生地が出来る事から18世紀、1776年から陶器の制作が行われていました。一時フランス革命の影響で活動は途絶えてしまったものの、その後再開、1877年にはドイツ国境沿いにあったサルグミンヌ壺が戦争の影響でドイツ領になってしまい、他のフランス領の土地を求めて、ディゴワンの地に窯を構えました。最終的にはリュヌヴィル、サンクレモンに吸収され、2007年にその活動を終えましたが、リュヌヴィル、サンクレモンで制作が続けられているモデルもあります。 こちらのスタンプは1922年から1965年に使用されていたものだそうです。 サルグミンヌ窯のマリーと名前があります。というかいろいろな刻印、またはスタンプで良く似たデザインを見ますこのシリーズ、どちらの窯がオリジナルなのでしょうか?きっと当時流行したのだと思われます。 茶色のマーブル模様の地に、生成りがかったマーブルの白のストライプが2本ずつ入ったシンプルなデザインの、すっとしたたたずまいの、いかにも温かそうなピッシェ、水差し、またはミルク・ポットです。 秋冬のティータイムに、冬の朝のコーヒーに、おやつのココアに、身体をあたためてくれそうです。 ミニサイズの花器としてもいかがでしょうか? 残念ながら上部に欠けがあります。写真でご確認下さい。 直径 10cm  幅  17cm  高さ  12cm 重量 520g 価格はフランスからの送料3910円込みになります。

セール中のアイテム