1920年代  ムーラン・デ・ルー ディナー・プレート フー ひいらぎ柄 1−2
new
5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750 5ff0701cda019c69c4bcf750

1920年代  ムーラン・デ・ルー ディナー・プレート フー ひいらぎ柄 1−2

残り1点

¥6,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは、1920、30年代のムーラン・デ・ルー窯のディナー・プレートが入荷致しました。 ムーラン・デ・ルー窯の前身、オルシ窯は1886年、エミールとジョセフのレルミネ・デクレール兄弟によって設立されたそうです。エミールはベルギーのレベにすでに陶器工場を持っていて、事業拡大のために、18世紀から陶器で有名なサンタマン、ムーラン・デ・ルー工場のすぐ近郊のオルシに窯をかまえたそうです。職人達はベルギーから呼び寄せ、日用品の制作からはじまり、19世紀終わり頃から、動物や人の型をしたピッチャーなど、芸術的な作品を制作、1923年にオルシとアマージュが合併してムーラン・デ・ルー窯になり、最盛期を迎えたそうです。1980年代にその歴史を終えたそうです。 こちらのスタンプは1923年からのもののようです。 フー(ひいらぎ)という名前の通り、生成り色の陶器の丸いお皿の縁に、ポショワー(ステンシル)でひいらぎの葉っぱと実が描かれています。シンプルながらかわいらしいお皿です。 冬の食卓に、特にクリスマスにぴったりです。 2点入荷しました。 2点とも経年による汚れなどがあります。写真でお確かめ下さい。 もしかしたら漂白剤で落ちるかもしれません。 直径 22、5cm  高さ 3cm  重量 440g 価格はフランスからの送料3800円込みになります。