19世紀後半 リュネヴィル ディナー・プレート エドモン・ラカナル レザナル・ポリティック ヤドリギ柄 Bランク
5fef4e0f8a457276280b38d2 5fef4e0f8a457276280b38d2 5fef4e0f8a457276280b38d2 5fef4e0f8a457276280b38d2 5fef4e0f8a457276280b38d2 5fef4e0f8a457276280b38d2 5fef4e0f8a457276280b38d2 5fef4e0f8a457276280b38d2 5fef4e0f8a457276280b38d2

19世紀後半 リュネヴィル ディナー・プレート エドモン・ラカナル レザナル・ポリティック ヤドリギ柄 Bランク

残り1点

¥7,900 税込

送料についてはこちら

19世紀後半のリュネヴィル窯のディナー・プレートが入荷致しました。 18世紀、1730年創業の、グラン・エストといわれる陶器やクリスタル製造が盛んで、サルグミンヌ、サン・クレモン、バカラなどにも近いリュネヴィル窯は合併、買収などありながら、300年近い歴史を持つ、フランスでも珍しい現存する窯のひとつです。長い歴史のなかでマリー・アントワネットのプチ・トリアノンに2000もの壺を納めたりしていたそうです。 こちらのシリーズは1895年から1900年の間、レザナル・ポリティックという政治と文学の週刊誌が、その定期購読者用に販売するため、1889年のパリ万博で、女優サラ・ベルナールの為に制作した作品で、金賞を受賞した有名なセラミック・アーチストのエドモン・ラカナルに発注、リュネヴィルが制作したものだそうです。 パリのオルセー美術館にも納められているそうです。 ポショワー(ステンシル)とアエログラフ(エアースプレー)で描かれたブルー、グリーン、パープルのグラデーションが美しい、ギ(宿り木)のモチーフの、大判26、5cmのディナー・プレートです。 3種類の構図があります。見比べてみて下さい。 宿り木はフランスの田舎に行くと樹々の上の方に良く見られます。根を持たなく、他の樹にパラサイトして育つ植物です。 北ヨーロッパ、フランスではクリスマス、または大晦日の真夜中12時に、玄関や天井に飾った宿り木の下で、キスを交わし、実を選んで、繁栄と長寿を願うそうです。 と長くなりましたが、いろいろな物語のあるこのディナー・プレート、クリスマスのディナーや、新年の洋風お節など、または普段使いにもいかがでしょうか? 13枚入荷致しました。こちらはBランクです。 5枚は経年による変色、または裏面に欠けがあります。 2枚は表にひびがあります。 直径 26、5cm 重量 520g 価格はフランスからの送料3800円込みになります。