1920年代 ディゴワン サルグミンヌ ディナー・プレート フルーツ・レリーフ 花リム 1−3
5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e 5fd4672f72eb461348d4b23e

1920年代 ディゴワン サルグミンヌ ディナー・プレート フルーツ・レリーフ 花リム 1−3

残り2点

¥6,500 税込

送料についてはこちら

こんにちは。ディゴワン、サルグミンヌ窯の、野菜や果物のレリーフがかわいらしいディナー・プレートが入荷致しました。 フランス東部、ドイツ国境沿いにありましたサルグミンヌ窯では1790年から陶器の制作が始まったそうです。 ナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィルロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。 カラフルで楽しい作風が人気で、世界中にファンがいるそうです。 最終的にはリュヌヴィル、サンクレモンに吸収され、2007年にその活動を終えましたが、リュヌヴィル、サンクレモンで制作が続けられているモデルもあります。 19、20世紀のフランスを代表する窯の1つです。 こちらはスタンプなしですが、以前に同じシリーズを仕入れていますので、1920年代から1950年代のディゴワン、サルグミンヌ窯で間違いないと思います。 こちらの野菜とフルーツのレリーフのシリーズには、縁が丸いものと、スカラップ(花リム)になっているものがあるようですが、こちらはスカラップのものです。 真っ白な陶器の縁にカボチャ、葡萄、リンゴ、洋梨の細かいレリーフが飾られています。 シンプルですがかわいらしい、どんなお料理にも合うシリーズだと思います。 こちらはディナー・プレート、平皿24cmです。 同シリーズのデザート・プレート、オーヴァル・プレートと一緒にいかがでしょうか? 3枚入荷致しました。 多少の使用したあと、経年によるしみなどありますが、きれいな状態です。 直径 24cm 重量 400g   価格はフランスからの送料3800円込みになります。