1950年代 サンクレモン ピシェ 水差し ルージュ
new
5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e 5fd45dde8a457255f344435e

1950年代 サンクレモン ピシェ 水差し ルージュ

残り1点

¥7,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1960年代のサン・クレモン窯のピシェが入荷致しました。 リュネヴィルから12kmのサン・クレモン窯は18世紀、1759年にリュネヴィルのオーナー、ジャック・シャンベレットによって、高級品の生産のため、創立されました。この工房のおかげで、マリー・アントワネットのプチ・トリアノンの公式の陶器商人に任命されたそうです。その後シャンペレットの子孫や、他の企業家に引き継がれ、1892年に再びリュネヴィル窯のオーナー、ケレーとゲランに買収され、その後飛躍的に発展したそうです。1922年にはバドンヴィレー窯のエドワード・フネルがサン・クレモンとリュネヴィルを買収。19世紀にはシャルルとエミールのガレ親子の陶器を制作。1867年パリで、1871年ロンドンの万博で賞を受賞。その他アール・ヌーヴォー、アール・デコのアーチストの作品を多く制作。バルボティーヌの制作は1930年まで続けられたそうです。 こちらの刻印は1892年から、1980年代にも使われていたそうですので、時代確定が難しいのですが、スタイル、造りから1950年代、1960年代のお品ではないか?と思います。サン・クレモン窯はピシェも得意としていて、多くの作品が残されています。 こちらはまんなかがぽっこりとした樽のような、安定感のある形です。 パニエのようなストライプ状のレリーフと、無地の部分が交差しています。 ルージュの釉薬があざやかでテーブルのアクセントになるピシェです。 お食事やお酒のお供に、または花器として、またはそのままでもうつくしいインテリアになります。 注ぎ口に極小の欠けがあります。写真でお確かめ下さい。その他はきれいな状態です。 幅 16cm  高さ 18cm  重量 600g 価格はフランスからの送料3800円込みになります。