20世紀 ヴィンテージ ムスティエ ラリエ窯 一輪挿し
new
5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578 5fa5671eda019c471f2e0578

20世紀 ヴィンテージ ムスティエ ラリエ窯 一輪挿し

残り1点

¥7,400 税込

送料についてはこちら

こんにちは。20世紀のヴィンテージ・ムスティエの1輪挿しが入荷致しました。 フランス、プロヴァンス地方のムスティエ・サント・マリーでは、 クレリシー一家がイタリアから16世紀、1550年頃に陶芸家として窯を構えたそうです。ピエール・クレリシーとその息子が共同経営者になり、1715年まではムスティエただひとつの窯だったそうです。この時代は高温の窯で、主にカマイユ(単色、主にブルーの濃淡)の絵付け、主な装飾は、イタリアのルネッサンスにインスパイアされた狩猟場面。ルイ15世の室内装飾家ジャン・ベラン風装飾。オーナメントで縁取られた紋章。の3種類だったそうで、50から60cmの大皿にレースの様な繊細な装飾が特徴だそうです。その後は主に2つの時代に分けられるそうで、18世紀、1737年からオレリスとロジエーがポリクローム(多色使い)とグロテスク装飾(おかしな人物像や架空の動物、怖いマスクなど)を取り入れたそう。この頃には実用的なお皿を制作。 フーケとペロカンは共同経営者として1783年クレリシーを買収して、最重要な陶芸窯のひとつになったそうです。低温の技術をムスティエに持ち込んだそうです。その他フェロー工房、フェラ工房などが有名だったようですが、1830年ころからじょじょに工房が閉鎖されていき、フーケが19世紀半ばに閉鎖されると、20世紀にムスティエの陶器が再建されるまでその活動は途絶えてしまっていたそうです。 こちらはラリエのサインがあります。 ラリエ家は1946年から3代に渡って陶芸家として活躍しているそうです。最初はパリ、その後オルレアン、1969年からムスティエで手工芸の作品を制作していて、素材の粘土から最後の焼きまでの完璧な製造工程の技法、伝統のノウハウ、型の遺産、デザインによって「生きた遺産」に指定されているそうです。 こちらは以前にオパリンでご紹介しましたエギュイール(尖った、鋭利なと言う意味)型の1輪挿しです。真っ白なうわ薬にムスティエ特有のフェニックスと草花が描かれています。19世紀または18世紀のレプリカではないでしょうか?花器としていろいろなお花にお使い頂けます。またそのままでも素敵なインテリアになります。 とてもきれいな状態です。 高さ 20cm  幅 11cm  重量 200g 価格はフランスからの送料3800円込みの価格になります。