1960年代 サン・クレモン ピシェ マロン ロープ 1-2
5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1 5fa53b30da019c47792dffa1

1960年代 サン・クレモン ピシェ マロン ロープ 1-2

残り1点

¥7,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1960年代のサン・クレモン窯のピシェが入荷致しました。 リュネヴィルから12kmのサン・クレモン窯は18世紀、1759年にリュネヴィルのオーナー、ジャック・シャンベレットによって、高級品の生産のため、創立されました。この工房のおかげで、マリー・アントワネットのプチ・トリアノンの公式の陶器商人に任命されたそうです。その後シャンペレットの子孫や、他の企業家に引き継がれ、1892年に再びリュネヴィル窯のオーナー、ケレーとゲランに買収され、その後飛躍的に発展したそうです。1922年にはバドンヴィレー窯のエドワード・フネルがサン・クレモンとリュネヴィルを買収。19世紀にはシャルルとエミールのガレ親子の陶器を制作。1867年パリで、1871年ロンドンの万博で賞を受賞。その他アール・ヌーヴォー、アール・デコのアーチストの作品を多く制作。バルボティーヌの制作は1930年まで続けられたそうです。同時に伝統的な陶器の制作も続け、現存する数少ない窯のひとつだそうです。 こちらの刻印は1860年代のもののようです。 サン・クレモン窯はピシェも得意としていて、多くの作品が残されています。 こちらはまんなかがぽっこりとした樽のような、安定感のある形です。マロンの釉薬で、ロープのレリーフがチェック状に交差していて、交差したところは結び目になっています、かわいらしいモチーフです。 飽きがこず、いろんな食器やインテリアに合わせやすいピシェではないでしょうか? お食事やお酒のお供に、または花器として、またはそのままでもうつくしいインテリアになります。 2点入荷致しました。1点は上部縁に釉薬のはげたか所があります。それ以外はきれいな状態です。1点はきれいな状態です。 *11月20日 1点ソールドアウトです。 幅 19cm  高さ 19cm  重量 850g 価格はフランスからの送料5250円込みになります。