20世紀前半 サンタマン レギュミエール ポショワー 水仙柄 ブルー
new
5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6 5fa3cef4da019c5fdb12aee6

20世紀前半 サンタマン レギュミエール ポショワー 水仙柄 ブルー

残り1点

¥14,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。サンタマン窯のレギュミエが入荷致しました。 サンタマンのファイアンス(陶器)はサンタマン、オルシ、ヴァレンシエンヌ、ノード・パ・ド・カレなど、複数の工場で制作されました。フランスの北東部、ベルギー国境沿いのサンタマン・レ・ゾーは、道路網、川と運河、森林があり、ファイアンス工場を建設するのに最適だったそうです。18世紀前半、1705年に最初のファイアンスリー(陶器製作所)が出来てから、隣接するオルシと合併したり、戦争の影響を受けながら、名前を変えてムーラン・デ・ルーになったりしながら1960年代まで陶器の制作が続けられていました。 こちらの刻印は情報が見つけられなかったのですが、たぶん20世紀前半のものではないか?と思います。 こちらの丸く深みのある、蓋付きの器もはっきりと何用かわかりませんが、取っ手がないのでスーピエールではないと思いますが、たぶんレギュミエールではないかと思います。 真っ白なファイヤンス時にブルーのポショワー(ステンシル)でナルシス(水仙)のお花が描かれています。可憐で美しい器です。 レギュミエとして温野菜や、サラディエとしてサラダに、その他のお料理に、または花器として、お好きにお使いいただけます。 今回、同シリーズのサラディエ、大皿も仕入れました。一緒にお使い頂いても美しい食卓になると思います。 蓋の縁に極小の欠けが1点あります。それ以外はたぶんデッド・ストックのきれいな状態です。  直径 25cm  高さ 17cm 重量 1、8kg 価格はフランスからの送料6750円込みになります。