1920年代  HBCM  ディナー・プレート トルガ ボタニック 幾何学模様 1ー2
new
5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4 5f9d25b3df51590893fc74e4

1920年代  HBCM  ディナー・プレート トルガ ボタニック 幾何学模様 1ー2

残り2点

¥6,200 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1920年代のHBCM ショワジー・ル・ロワ、クレイユ・エ・モントロー窯のスープ・プレートが入荷致しました。 パリ近郊のショワジー・ル・ロワの陶器工場は、パイヤー3兄弟によって1805年に設立されたそうです。 1808年から、パリ、シャンティイ、モントローも手がけたイギリス人、クリストフ・ポッターと共同で、印刷装飾された上質な陶器を制作。これで時代の流れに乗りました。 1824年までパイヤー兄弟、その後はヴァランタン・パイヤーとイポリット・オタン(P&H)、1836年からはオタンとルイ・ブーランジェーが経営、彼らの子供同士が結婚して、その後1863年にその4人の子供達のひとりイポリット・ブーランジェー(H・ブーランジェー)が会社を相続、それによって地元の陶器製作所から、全国レベルの企業に発展します。 万博で数々の賞を受賞。ジアン社とともに、パリの地下鉄の内装タイル2/3はブーランジェーのものだそうです。この成功により本社はパリ10区に移転。 イポリット亡き後その子供達が継ぎ、1920年にクレイユ・エ・モントロー窯を吸収しHBCMとして、1934年にショワジー、1955年にモントローのアトリエを閉鎖するまで制作が続けられていたそうです。 こちらは1920年代らしいアール・ヌーヴォーからアール・デコの推移がみられるお皿です。アール・ヌーヴォーで使われましたボタニックなモチーフが、アール・デコらしい幾何学模様で描かれています。 トルカと旧フランス領アルジェリアの都市の名前がつけられています。 白い陶器地にブルーのデカルコマニー(転写画)ですっきりとした印象のスープ・プレート、深皿です。 2枚仕入れました。 2枚とも経年による変色が全体的にみられます。1枚は縁に小さな欠けがあります。写真でご確認下さい。 直径 23cm 高さ 3cm 重量 400g  価格はフランスからの送料3800円込みになります。