19世紀 エミール・ブルジョワ グラン・デポ スープ・プレート プリュニエと農家 1ー4

19世紀 エミール・ブルジョワ グラン・デポ スープ・プレート プリュニエと農家 1ー4

残り3点

¥6,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀後半のものと思われます、グラン・デポのプレートが入荷致しました。 エミール・ブルジョワは1856年から1860年、イギリスで商業を学び、イギリスの工場の代理人の資格を得た後に帰国。1863年に今パリのオークション・ハウスのあります、ドゥルオー通り21番地と、マルセイユにも、グラン・デポを設立しました。陶器とクリスタルのコンセプト・ストアだったそうです。カタログも作成して流行のテーブル・スタイルを提案、当時のパリのブルジョワ層に支持をされていたそうです。 エミール・ブルジョワは1926年に亡くなったそうです。 こちらは牧歌的な田舎の風景の美しいシリーズです。手前に野の花々とそれに群がる小鳥達が、その奥に町の建物が見られます。3種類絵柄がありまして、1つはプリュニエ(梅の木)と農家、1つはお花なしのエグランティーヌ(野ばら)と(教会か町役場の)塔、もう1つはマーガレットと風車です。それぞれに小鳥の群れもそえられています。素朴でかわいらしいお皿達です。 こちらはプリュニエと農家の絵柄になります。深みのあるスーププレートになります。 4枚入荷致しました。 3枚はきれいな状態です。1枚は表に経年によるしみが2、3カ所あります。写真でお確かめ下さい。きれいなものからお出しします。 直径23cm 高さ3cm 重量 400g 価格は1枚、フランスからの送料3800円込みの価格になります。