1900年 サンタマン スタンプ ギルランド スープ・プレート
new
5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a 5f819cddd24eee6111fcf78a

1900年 サンタマン スタンプ ギルランド スープ・プレート

残り1点

¥6,400 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1900年ころのものと思われます、サンタマン窯のギルランドのスーププレートが入荷致しました。 サンタマンのファイアンス(陶器)はサンタマン、オルシ、ヴァレンシエンヌ、ノード・パ・ド・カレなど、複数の工場で制作されていたそうです。 フランスの北東部、ベルギー国境沿いのサンタマン・レ・ゾーは、道路網、川と運河、森林があり、ファイアンス工場を建設するのに最適だったそうです。18世紀前半、1705年に最初のファイアンスリー(陶器製作所)が出来てから、隣接するオルシと合併したり、戦争の影響を受けながら、名前を変えてムーラン・デ・ルーになったりしながら1960年代まで陶器の制作が続けられていました こちらの刻印ははっきりした年代はわからなかったのですが、19世紀後半から20世紀前半のものではないかと思います。 白地のファイアンスに、深いブルーと明るいグリーン2種2色のギルランド(花飾り)の縁取りが、タンポン(スタンプ)の技法で描かれています。 デカルコマニー(転写画)ともポショワー(ステンシル)とも違ったお皿をお探しの方にお勧めです。 お料理にインテリアにお好きにお使い頂けます。 多少の使用したあとと、縁に一カ所極小のきずがあります。 直径 22cm  高さ 3、5cm 重量 350g 価格はフランスからの送料3800円込みになります。