19世紀後半 マリコルヌ BPX ディナープレート 菖蒲柄
new
5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027 5f6f785b3ae0f462503c0027

19世紀後半 マリコルヌ BPX ディナープレート 菖蒲柄

残り1点

¥8,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀後半のマリコルヌ窯のプレートが入荷致しました。 陶器制作に欠かせない粘土と薪が豊富で、流通に便利なサルト河のほとりのマリコルヌでは、1747年ジャン・ロワゾーによって最初の陶器窯が設立されたそうです。ネヴェール窯から職人を引き抜き、実用のお皿やロースターなどと共に、ネヴェールやルーアン風の装飾の陶器を制作していました。18世紀後半にはロワゾーの職人だったギヨーム・ラビゴが新たな窯を設立、1835年に3つ目の窯が誕生して活性化しました。前記2つの窯に他、ストラスブール、ムスティエ、マルセイユなど18世紀のスタイルの陶器を制作しました。1890年レオン・ププラールがカンペール窯の様なブルターニュ風の作品を制作、大きな成功を納め、マリコルヌの陶器の名を広めました。ププラーの元で修行をしたエミール・テシエは1924年にファイアンスリー・ダール・ドゥ・マリコルヌ(FAM)を設立、アジュレ(明かり取り穴)の技術を取り入れ、マリコルヌの陶器の特徴になり、現在でもFAM、ブール・ジョリー窯が制作を続けています。 1890年にレオン・ププラーとその妻ベアトリックスが、両親から陶器工場を引き継ぎ、ふたりの共同制作の作品にはこのBPXのサインが使われているそうです。 19世紀半ばから後半に万国博覧会の影響で流行したジャポニスム(日本風)やシノワズリー(中国風)芸術にインスパイアされたと思われます、高台のない厚手のファイアンスに、中央には深いブルーの菖蒲(あやめ)のお花が、周りには黄色やオレンジの植物の描かれた、カラフルで楽しいベルエポック時代のお皿です。 あたたかみのある手工芸の作品の好きな方にお勧めです。 実用にも、壁などに飾ってインテリアとしてもお使い頂けます。 多少の釉薬のはげはありますが、傷や欠けなどないきれいな状態です。 直径 25cm  高さ 3cm  重量  560g 価格はフランスからの送料約3800円込みの価格になります。