19世紀後半 エギュイエール 水差し オパリン 白
new
5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5 5f2fb90ad3f1671db73dc0b5

19世紀後半 エギュイエール 水差し オパリン 白

残り1点

¥15,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀後半のものではないかとおもわれます、アンティーク・エジプシアンスタイルのオパリン製ピシェが入荷致しました。 16世紀のベネチアン・ミルク・グラス、18世紀のイギリス、ブリストルのホワイト・グラスをめざして18世紀後半のフランスで発明されたのがオパリン(不透明な)ガラスだそうです。ガラスに酸化スズ(エタン)や動物の骨や角の粉や、色によって添加物はいろいろだったようです、を混ぜたもので、吹きガラスで、鋳造ガラスのような継ぎ目がなく、ほとんどのオパリン製品はサインや刻印はないそうです。1800年から1920年ころまでのフランスで多く生産された素材だそうです。当初富裕層に人気で、ル・クルーゾ、バカラ、サン・ルイ、レユニオンなどのメゾンのクリスタルの需要が低下し、次々とオパリンの生産に乗り出したそうです。 こちらは刻印などありませんので、はっきりとした製造元、年代などわかりませんが、19世紀後半くらいのものではないかと思います。 こちらのような、すっと縦に長く、上部に注ぎ口と取っ手が付き、お腹の部分が丸く、脚のついた水差しは古代のエジプトからあったそうで、エギュイエールと呼ばれるそうです。その後イタリアのルネッサンスや、中近東にもみられるそうです。フランスでは19世紀くらいまで見られたそうです。 こちらは真っ白なオパリン製で、お腹の部分から脚までストライプ状のレリーフがみられ、その上下にはパールを繋げたようなレリーフが見られます。クラシックで美しいお品です。 あまり実用的でないかもしれませんが、食卓に水差し、または1輪止しとして、またはそのままでも美しいインテリアです。 経年なりの多少のよごれはありますが、欠け、ひびなどはないきれいな状態です。 直径 12cm  高さ 31cm 重量 1、1kg 価格はフランスからの送料約4750円込みの価格になります。