1920年代 ピリヴュイ 水切り大皿 星形アジュレ 白磁器
new
5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f 5f1dd9f87df2815053799c6f

1920年代 ピリヴュイ 水切り大皿 星形アジュレ 白磁器

残り1点

¥13,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 1920年代のピリヴュイ社のパソワー・プレート 水切り大皿が入荷致しました。 ピリヴュイ窯は1818年、スイス出身のジャン・ルイ・リシャール・ピリヴュイによってロワール地方のメアン・シュー・イェーヴル に創立されました。1823年最初の金賞をニューヨークで受賞。1847年にはパリの陶器、磁器、クリスタル街、パラディー通りに初めての店舗をオープンします。19世紀後半にはパリやロンドンなどの万博で数々の賞を受賞。子から孫へと受け継がれ、ドイツの磁器という競合に脅かされながらも、ロンドンやアメリカでも、フランス料理のシェフに愛用され、発展しました。代表作のパリのビストロの代名詞のような、厚手の磁器にゴールドのラインのカップ&ソーサー、バー・ア・パンシリーズは1904年に生まれたそうです。第2次大戦後は工場や設備、人員などに打撃を受け、会社を売却、家族経営から離れましたが、現在もキッチンからテーブルに直接使える磁器を制作しています。 こちらのスタンプははっきりとした情報はありませんでしたが、フォエシーの地名があることから1920年代くらいのものではないかと思います。 フェセル(フレッシュ・チーズ)用でしょうか?フルーツ用でしょうか? 丸い深みのある大皿に、六芒星(ヘキサグラム)状に穴があいている、パソワー(水切り)プレートです。六芒星がユダヤ人のシンボルなことから、もしかしたらユダヤ教に関係があるのかもしれません。どちらにしてもめずらしい、かわいらしいお皿です。 フルーツを盛ったり、小物入れ、インテリアにも最適です。 裏側の縁に1カ所小さな欠けがあります。その他使用した痕はありますが、良い味になっています。きれいな状態です。 直径 29cm 高さ 4、5cm 重量 1.3kg 価格はフランスからの送料5250円込みの価格になります。