1950年代 マリコルヌ エミール・テシエ ヴァーズ フルール・ドゥ・リス
5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3 5f1db363d7e1d83d1417ede3

1950年代 マリコルヌ エミール・テシエ ヴァーズ フルール・ドゥ・リス

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。1950年前後、マリコルヌ、エミール・テシエ窯の花器が入荷致しました。 陶器制作に欠かせない粘土と薪が豊富で、流通に便利なサルト河のほとりのマリコルヌでは、1747年ジャン・ロワゾーによって最初の陶器窯が設立されたそうです。ネヴェール窯から職人を引き抜き、実用のお皿やロースターなどと共に、ネヴェールやルーアン風の装飾の陶器を制作していました。18世紀後半にはロワゾーの職人だったギヨーム・ラビゴが新たな窯を設立、1835年に3つ目の窯が誕生して活性化しました。前記2つの窯に他、ストラスブール、ムスティエ、マルセイユなど18世紀のスタイルの陶器を制作しました。1890年レオン・ププラーがカンペール窯の様なブルターニュ風の作品を制作、大きな成功を納め、マリコルヌの陶器の名を広めました。ププラーの元で修行をしたエミール・テシエは1924年にファイアンスリー・ダール・ドゥ・マリコルヌ(FAM)を設立、1971年に亡くなるまで制作を続けました。アジュレ(明かり取り穴)の技術を取り入れ、マリコルヌの陶器の特徴になり、現在でもFAM、ブール・ジョリー窯が制作を続けています。 こちらはヴァーズ、花瓶、花器です。 エミール・テシエ作品の1つの特徴的なデザインの、フランス王家の紋章、フルール・ド・リス(百合の花)と、ドットが集まった丸いボタンのようなモチーフ、がちらばめられています。 エミール・テシエの作品には18世紀、19世紀などいろんな窯の影響がみられますが、マリコルヌに近い、お城の多いロワール河沿いのランジェ窯の影響も見られますが、ロワイヤリスト(王党派)な作品も良くみられます。 マリコルヌの黄色がかった生成りの土に、真っ白な釉薬の陶器です。 お腹部分が太く、ころんとした安定感のある形に、テシエのもう1つ得意なロープの様に編んである取っ手が、首部分にもまかれています。 美しいデザインですので、そのままでももちろん素敵なインテリアになります。 エミール・テシエの作品は手作業で作成されていますので、繊細な造りです。多少のゆがみ、釉薬のはげ、傷など逆に味になっていますが、そういった状態がお好きな方にお勧め致します。 刻印がつぶれていますが、テシエ、マリコルヌ窯作品で間違いないと思います。 上部縁に釉薬のはげが1カ所あります。脚の部分に制作時の事故の様な釉薬の変色した部分があります。写真でご確認下さい。 直径(1番太いところで)15cm 幅 22cm 高さ 21cm  重量 1、3kg 価格はフランスからの送料5250円込みになります。