マリコルヌ エミール・テシエ ヴァーズ フリル
new
5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55 5f1d49d4223ead0262a1bb55

マリコルヌ エミール・テシエ ヴァーズ フリル

残り1点

¥19,800 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1950年前後、マリコルヌ、エミール・テシエ窯の花器が入荷致しました。 陶器制作に欠かせない粘土と薪が豊富で、流通に便利なサルト河のほとりのマリコルヌでは、1747年ジャン・ロワゾーによって最初の陶器窯が設立されたそうです。ネヴェール窯から職人を引き抜き、実用のお皿やロースターなどと共に、ネヴェールやルーアン風の装飾の陶器を制作していました。18世紀後半にはロワゾーの職人だったギヨーム・ラビゴが新たな窯を設立、1835年に3つ目の窯が誕生して活性化しました。前記2つの窯に他、ストラスブール、ムスティエ、マルセイユなど18世紀のスタイルの陶器を制作しました。1890年レオン・ププラーがカンペール窯の様なブルターニュ風の作品を制作、大きな成功を納め、マリコルヌの陶器の名を広めました。ププラーの元で修行をしたエミール・テシエは1924年にファイアンスリー・ダール・ドゥ・マリコルヌ(FAM)を設立、1971年に亡くなるまで制作を続けました。アジュレ(明かり取り穴)の技術を取り入れ、マリコルヌの陶器の特徴になり、現在でもFAM、ブール・ジョリー窯が制作を続けています。 こちらは高さ30cmの大きなサイズのヴァーズ、花瓶、花器です。 エミール・テシエの作品としてはあまり見かけない珍しいお品です。 上部入れ口はフリルのように波打っていて大きく開いています。その下がキュっと閉まっていて、またその下は丸くなってバランスを取っている様です。4本、テシエのお得意のロープのようなアクセントがストライプ状に入っています。フリルの部分から大きなハンドが付いています。女性的な曲線の美しいヴァーズです。 マリコルヌの黄色がかった生成りの土に、真っ白な釉薬の陶器です。ひまわりやカラー、枝もののお花などおおぶりのお花にいかがでしょうか? 美しいデザインですので、そのままでももちろん素敵なインテリアになります。 エミール・テシエの作品は手作業で作成されていますので、繊細な造りです。多少のゆがみ、釉薬のはげ、傷など逆に味になっていますが、そういった状態がお好きな方にお勧め致します。 上部縁と底に欠けが1カ所ずつあります。写真でご確認下さい。 直径(一番太いところで) 15cm 幅 23cm 高さ 33cm  重量 1.9kg 価格はフランスからの送料7650円込みになります。