19世紀後半 クリストフル シルバー・プレート クリスタル ユイリエールとヴィネグリエール セット
new
5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935 5f0feffcdf62a92d6bad1935

19世紀後半 クリストフル シルバー・プレート クリスタル ユイリエールとヴィネグリエール セット

残り1点

¥19,800 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀後半のものと思われます、クリストフルのユイリエールとヴィネグリエールのセットが入荷致しました。 フランスの高級オルフェブリー(金銀細工商)クリストフルは、産業革命の時代、1830年にシャルル・クリストフルによって創業されたそうです。 フランスではじめて電気分解による金銀メッキ術を導入、時の皇帝ルイ・フィリップやナポレオン3世の宮廷で仕様されたそうです。 テーブル・ウェアだけでなく、パリのオペラ座の屋根の彫刻や、マルセイユのノートルダム・ド・ギャルド寺院の聖母子像などに金を施したのもクリストフルだそうです。 現在は、今は亡き元シャネルのデザイナー、カール・ラガーフェルドとのコラボレーション・コレクションも発表しています。 こちらは刻印を見ると天秤にCCのもので、1844年から1935年の間に製造されたもののようです。またもうひとつCCのイニシアルにミツバチの刻印がありまして、こちらは1900年のクロード・シャポのオルフェヴルリーのもののようです。クリストフルの下請けだったのではないでしょうか?シルバー量の刻印は16です。 19世紀に、木製や陶器製のスタンドにガラスのボトルのオイルとヴィネガー入れのセットは良く見られますが、こちらは高級オルフェヴルリー クリストフルらしく、シルバー・プレートのスタンドとクリスタル製のボトルのセットです。フランスでもなかなか見られないめずらしいお品です。 スタンドの丸い輪の持ち手部分と、本体の縁の部分にはパールのレリーフが施されています。 硬質で重厚なクリスタルのボトルの、蓋も部分もパールのようにまんまるで、そこに彫り細工がされています。ボトルの本体部分にも同じ彫りが見られます。 実用にもなり、食卓を華やげてくれる美しいお品です。 シルバー部分にところどころ酸化が見られますが、磨いて頂くと光ります。その他は120年前のものにしてはとてもきれいな状態です。 ボトル 直径 6cm  高さ 19cm スタンド 長さ 18cm  幅 11cm  高さ 17cm 総重量 1.3kg 価格はフランスからの送料約4750円込みの価格になります。