19世紀前期 モントロー オクトゴナル プレート 大皿 37cm
new
5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71 5f09d326df62a9651b7cbf71

19世紀前期 モントロー オクトゴナル プレート 大皿 37cm

残り1点

¥24,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。人気のモントロー窯のオクトゴナルの大プレート、大皿が入荷致しました。 パリから南東へ1時間くらいのモントローでは、陶器作りに適した灰色がかった白い粘土が取れ、クレイユ窯にも素材を提供していたそうです。1719、20年頃に最初の陶器製作所が出来、イギリスのクィーンズ・ウェアに対抗することを目的としていたそうです。その後イギリス人の企業家が参入、1796年に製作所はイギリス人のクリストフ・ポッターの手に渡り、イギリスではすでに発明されていた、陶器や磁器に印刷する技術を、フランスではショワジー・ル・ロワ、クレイユとともに初めて導入したそうです。それによってモントロー窯は大きく発展したそうです。1840年、クレイユ窯の経営者の死とともにモントローと合併、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらの刻印は19世紀前半のもののようです。 ちょっと黄色がかった生成、またはアイボリー色の釉薬、独特のオクトゴナル(八角)型、淵のパールを繋げたようなレリーフ、シンプルながら美しい器です。 大皿で、深みのあるタイプです。 いろいろなお料理、デザートにお使い頂けると思います。 もちろん素敵なサントル・ド・ターブル(テーブルの真ん中のお花やフルーツを飾った装飾)、インテリアにもなります。 こちらは1点のみの入荷です。 デッド・ストックの完璧な状態です。 直径(一番長いところ) 19cm 重量 210g 価格はフランスからの送料約4750円込みの価格になります。