19世紀後半 ジアン フロレアル スープ・プレート 野ばら柄
5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d 5ef7f5f31829cd09f599427d

19世紀後半 ジアン フロレアル スープ・プレート 野ばら柄

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。19世紀後半、ジアン窯のスープ・プレートが入荷致しました。 ジアン窯は1821年、1774年からモントロー窯を経営していた一族出身のトーマス・エデム・ウルム、別名アールによって創立されました。実用的なものから始まり、次第に名のある家族のテーブル・ウェアや石油ランプなどを制作していきます。18世紀のルーアン、マルセイユ、イタリアのルネッサンス、イギリスのウェッジウッド、ドイツのサックス、中東の陶器などにインスピレーションを受けて制作、リーズナブルな価格で提供。または新しい、才能あふれるアーチストとのコラボレーションで新しい装飾や、1点物なども制作。19世紀、フランスの、数ある陶器製作所の中で、クレイユ・エ・モントロー、ロングヴィ、サルグミンヌ、ボルドー窯と並んで名の知れた窯だったそうです。1855年から1900年に、万博で多くの賞を受賞。生産量も最盛期を迎えたそうです。 こちらの刻印は1886年から1938年まで使われていたもののようです。フロレアルと名前がついています。少し生成り地の陶器地にブルーグリーンの野ばら柄、だと思いますがデカルコマニー(トランスファー)手法で描かれています。きりりとしたなかにも優しい印象のあるお皿です。 他のデカルコマニー・プレートとデパレイエ(不揃いな)スタイルの食卓にいかがでしょうか? 深みのあるスープ・プレートになります。 多少の貫入は見られますが、それ以外は綺麗な状態です。 直径 24cm 高さ 3cm 重量 400g 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格になります。