19世紀 ロンウィ スーピエール 小鳥柄
5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f 5eef21acd3f1672347b2148f

19世紀 ロンウィ スーピエール 小鳥柄

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。 19世紀後半のものと思われます、ロンウィ窯の小鳥柄のかわいらしいスーピエールが入荷致しました。 ベルギー、リュクサンブール国境沿いのロレーヌ地方ロンウィでは1798年から陶器の製作が始められました。ナポレオンの庇護を受けて発展、19世紀後半にロングヴィの代名詞と言えるターコイズブルーのエナメル加工の陶器を確立しました。 こちらのスタンプは1870年から1914年のものだそうです。 たっぷりとした蓋付のスープ用のボウル、スーピエールです。名前はないのですが、蓋に、本体に数種類の小鳥のモチーフが、ブルー・グリーンのデカルコマニー(転写画)の手法で描かれています。ポエティックでかわいらしいスーピエールです。本体両脇の取っ手がスタンプと同じモチーフなのも素敵です。 スープだけでなく、フルーツやサラダを盛ったり、お花に使われても良いと思います。 とてもきれいな状態です。 直径(一番太いところ) 25cm 幅 29cm 高さ22cm 重量 1、3kg 価格はフランスからの送料約4750円込みの価格になります。