1910年代 ディゴワン サルグミンヌ ラヴィエ アンティーク・ピンク 1ー2
5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce 5edbc19fbd21781531cd4cce

1910年代 ディゴワン サルグミンヌ ラヴィエ アンティーク・ピンク 1ー2

残り1点

¥7,000 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 グラン・ウエストと言われるフランス東部、ドイツの国境沿いのサルグミンヌでは1790年から陶器の制作が行われ、ナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィルロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。カラフルで楽しい作風が人気で、世界中にファンがいるそうです。 一方で、フランス第3の都市リヨンに近いディゴワンでは、きめ細かな土が豊富で、濃密で均質な生地が出来る事から18世紀、1776年から陶器の制作が行われていました。一時フランス革命の影響で活動は途絶えてしまったものの、その後再開、1877年にはドイツ国境沿いにあったサルグミンヌ壺が戦争の影響でドイツ領になってしまい、他のフランス領の土地を求めて、ディゴワンの地に窯を構えました。最終的にはリュヌヴィル、サンクレモンに吸収され、2007年にその活動を終えましたが、リュヌヴィル、サンクレモンで制作が続けられているモデルもあります。 こちらのスタンプは1919年以前に使われたものだそうです。 1910年代から40年代くらいに流行しました、フランス語でクルール・シェール(肌色)と呼ばれるアンティーク・ピンクのラヴィエ(前菜皿)です。 シンプルな菱形のラヴィエです。 ディゴワン、サルグミンヌ窯ではこの色の陶器をいろいろなアイテムに定番的に使っていたようです。 フェミニンで、優しく、懐かしい気持ちになるお皿です。 料理や食材を引き立ててくれるお色ではないでしょうか? 2枚入荷致しました。 一つは綺麗な状態です。1つは端に極小の欠け、高台にも欠けがあります。写真でご確認下さい。きれいなものからお出し致します。    長さ 24cm 幅 11cm 高さ 4cm 重量 250g 価格はフランスからの送料3910円込みになります。