19世紀前半 モントロー デザートプレート オクトゴナル ブルー 1-5
5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982 5ece3f8fcee9ea7025fce982

19世紀前半 モントロー デザートプレート オクトゴナル ブルー 1-5

残り1点

¥13,500 税込

送料についてはこちら

こんにちは。人気のモントロー窯のオクトゴナル・プレート、デザート皿のブルーが入荷致しました。 パリから南東へ1時間くらいのモントローでは、陶器作りに適した灰色がかった白い粘土が取れ、クレイユ窯にも素材を提供していたそうです。1719、20年頃に最初の陶器製作所が出来、イギリスのクィーンズ・ウェアに対抗することを目的としていたそうです。その後イギリス人の企業家が参入、1796年に製作所はイギリス人のクリストフ・ポッターの手に渡り、イギリスではすでに発明されていた、陶器や磁器に印刷する技術を、フランスではショワジー・ル・ロワ、クレイユとともに初めて導入したそうです。それによってモントロー窯は大きく発展したそうです。1840年、クレイユ窯の経営者の死とともにモントローと合併、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらの刻印は19世紀前半、1819年以前のものという情報と、20世紀前半のものというものとあります。19世紀のものだと思います。 人気のオクトゴナル(八角形)のデザート・プレートです。シンプルながら独特のフォールム、端のパールの様なレリーフもかわいらしい、淡いブルーのお色もさわやかな、美しいお皿です。 フランスでもなかなか見つからない珍しいお皿です。 今回5枚仕入れました。 一枚のみ裏側に金属のオレンジのしみがありますが、専門の製品で取れると思います。写真をご覧下さい。それ以外はとてもきれいな状態です。 直径(一番長いところ) 19cm 重量 210g 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格になります。