19世紀後半 サルグミンヌ ブロ ピシェ 水差し 白陶器
5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd 5ecd7ff472b91105c50e04fd

19世紀後半 サルグミンヌ ブロ ピシェ 水差し 白陶器

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。 19世紀後半のサルグミンヌ窯のブロ、水差しが入荷致しました。 グラン・ウエストと言われるフランス東部、ドイツの国境沿いのサルグミンヌでは1790年から陶器の制作が行われ、ナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィルロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。カラフルで楽しい作風が人気で、世界中にファンがいるそうです。フランス第3の都市リヨンに近いディゴワンでは、きめ細かな土が豊富で、濃密で均質な生地が出来る事から18世紀、1776年から陶器の制作が行われていました。一時フランス革命の影響で活動は途絶えてしまったものの、その後再開、1877年にはドイツ国境沿いにあったサルグミンヌ壺が戦争の影響でドイツ領になってしまい、他のフランス領の土地を求めて、ディゴワンの地に窯を構えました。最終的にはリュヌヴィル、サンクレモンに吸収され、2007年にその活動を終えましたが、リュヌヴィル、サンクレモンで制作が続けられているモデルもあります。 こちらは1875年から1900年の刻印のようです。 たぶんテーブル用の水差し(ピシェ)でなくてヴァスク(洗面器)とセットのバス用水差し(ブロ)だったのだと思います。いろんな窯で同じ型のものを見かけます。水を大量に注ぎやすいように大きく開いた注ぎ口、真っ白な清潔感ある陶器、魔除けなのでしょうか?ガーゴイル(教会の動物などの型をした雨樋)のような頭をもつ取っ手、たっぷり水のはいりそうな安定感のあるぽってりとしたお腹。シンプルながら美しい水差しです。 残念ながら、本体表に1カ所しみがあります。内側に使用した痕が見られます。その他はきれいな状態です。 花器としてお使い頂けるのが良いと思います。 取っ手込み幅 18cm 本体直径 12cm  高さ 18cm  重量580g 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格になります。