ヴィンテージ ユゼス ピション オクトゴナル型 ハンドペイント プレート S 1-4
5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9 5ec53d9f72b9115bb6ac61c9

ヴィンテージ ユゼス ピション オクトゴナル型 ハンドペイント プレート S 1-4

残り3点

¥8,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。南仏プロヴァンス地方の町ユゼスのピション窯のプレートが入荷致しました。 南フランス、プロヴァンス地方のユゼスでは19世紀から陶器の制作が始まったそうです。1840年、マルセイユで陶芸家だった父を持つ、ジュールとジョザスのヴェルヌ兄弟が上質な陶器の制作を開始。花リムのお皿、スープ皿、ベニティエ(聖水盤)パステルイエローの釉薬、常夜灯、装飾の付いた花瓶、水筒などを制作していたそうです。でも2人は1860年には職人に製作所を残して放棄してしまいます。その後はエヴェスク氏が製作所を買い取りました。また1850年ころ、バリー氏は一般的なテラコッタ製品の制作をしていたそうです。今では1802年創業のピション家がユゼスのただ1つのアトリエだそうです。ピション氏はヴェルネの装飾も制作しているそう。編んだコルベイユ、マーブル模様の暖炉の装飾品、ベニティエ、お皿、ナイトライト、水差し、スーピエール、などなどだそうです。 こちらは1980年代のお品だそうです。Bピションとサインが入っています。現在のピション窯のクリストフ・ピション氏の先代のものではないか?と思われます。 南仏らしい厚手のファイアンスのお皿です。ピション窯もよく制作していますオクトゴナル型で、淵にはパール状のレリーフが見られます。白い釉薬でおおわれていて、1枚1枚手描きの装飾が施されています。2枚は薔薇にチューリップと小花が。1枚ずつお色が違います。1枚はやはり薔薇に朝顔が、もう1枚はなんのお花かわかりませんが小ぶりなおはなが3、4種類描かれています。南仏らしい明るい雰囲気のお皿で、食卓を華やかにしてくれます。夏のテーブルにいかがでしょうか? 4枚仕入れました。4枚とも未使用の完璧な状態です。 オーダーの際にご希望のモチーフをお知らせ下さい。 直径(長いところで)21cm 重量約350g 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格になります。