1900年 サルグミンヌ スープ・プレート フロール 花柄
new
5e4f3295c78a5326f7e33faa 5e4f3295c78a5326f7e33faa 5e4f3295c78a5326f7e33faa 5e4f3295c78a5326f7e33faa 5e4f3295c78a5326f7e33faa 5e4f3295c78a5326f7e33faa 5e4f3295c78a5326f7e33faa 5e4f3295c78a5326f7e33faa 5e4f3295c78a5326f7e33faa 5e4f3295c78a5326f7e33faa 5e4f3295c78a5326f7e33faa

1900年 サルグミンヌ スープ・プレート フロール 花柄

残り1点

¥5,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1900年ころのサルグミンヌ窯のスープ・プレートが入荷致しました。 フランスの東部、ドイツとの国境沿いのサルグミンヌでは1790年から陶器の制作が始められたそうです。ナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィルロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。カラフルで楽しい作風が人気で、世界中にファンがいるそうです。最終的にはリュヌヴィル、サンクレモンに吸収され、2007年にその活動を終えましたが、リュヌヴィル、サンクレモンで制作が続けられているモデルもあります。19世紀、20世紀のフランスを代表する窯のひとつです。 こちらは1900年から1919年の刻印だそうです。 フロールという名前のつけられた、白地にブルーのデカルコマニー(転写絵)手法で小さな花々が描かれた、かわいらしいスープ・プレートです。 シンプルでどんなお料理にも合いそうです。流行のデパレイエ(不揃い)なテーブル・セッティングに、他のデカルコマニーのお皿と組み合わせてお使い頂けたらかわいいと思います。もちろんこちら1点でもかわいらしい食卓になると思います。 直径 23cm 高さ 4cm 重量約400g 白地部分に経年による多少のしみが見られます。その他はきれいな状態です。 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格になります。