19世紀後半 ショワジー・ル・ロワ バルボティーヌ・プレート すずらんモチーフ
5e4f31cecf327f709ca00c0f 5e4f31cecf327f709ca00c0f 5e4f31cecf327f709ca00c0f 5e4f31cecf327f709ca00c0f 5e4f31cecf327f709ca00c0f 5e4f31cecf327f709ca00c0f 5e4f31cecf327f709ca00c0f 5e4f31cecf327f709ca00c0f 5e4f31cecf327f709ca00c0f 5e4f31cecf327f709ca00c0f 5e4f31cecf327f709ca00c0f

19世紀後半 ショワジー・ル・ロワ バルボティーヌ・プレート すずらんモチーフ

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。19世紀後半のショワジー・ル・ロワ窯のバルボティーヌ・プレートが入荷致しました。 パリ近郊のショワジー・ル・ロワの陶器工場は、パイヤー3兄弟によって1805年に設立されたそうです。1808年から、パリ、シャンティイ、モントローも手がけたイギリス人、クリストフ・ポッターと共同で印刷装飾された上質な陶器を制作。これで時代の流れに乗りました。1824年までパイヤー兄弟、その後はヴァランタン・パイヤーとイポリット・オタン(P&H)、1836年からはオタンとルイ・ブーランジェーが経営、彼らの子供同士が結婚して、その後1863年にその4人の子供達のひとりイポリット・ブーランジェー(H・ブーランジェー)が会社を相続、それによって地元の陶器製作所から、全国レベルの企業に発展します。万博で数々の賞を受賞。ジアン社とともに、パリの地下鉄の内装タイル2/3はブーランジェーのものだそうです。この成功により本社はパリ10区に移転。イポリット亡き後その子供達が継ぎ、1920年にクレイユ・エ・モントロー窯を吸収しHBCMとして、1934年にショワジー、1955年にモントローのアトリエを閉鎖するまで制作が続けられていたそうです。 こちらは1878年以降の刻印だそうです。 淵の部分には、かわいいすずらんの花がレリーフで描かれています。少し内側には大きな5つの花弁の黄色と濃い紫の花が、別の側には蝶が描かれています。淵から真ん中に向かって、深いグリーンから白のグラデーションになっています。 ベル・エポックらしい、アール・ヌーヴォーらしいスタイルと、色合いの、まるで絵画の様なお皿です。 お料理にお使い頂いても、インテリアとして壁などに飾られても素敵なお皿です。 きれいな状態です。 直径22、5cm 重量390g 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格です。