1920年代 ムーラン・デ・ルー ドゥミタスカップ
5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa 5e48fc4194cf7b05ede2a5aa

1920年代 ムーラン・デ・ルー ドゥミタスカップ

残り1点

¥5,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1920年代のムーラン・デ・ルー窯のギルランド(花飾り)模様のカップご紹介です。 ムーラン・デ・ルー窯の前身、オルシ窯は1886年、エミールとジョセフのレルミネ・デクレール兄弟によって設立されたそうです。エミールはベルギーのレベにすでに陶器工場を持っていて、事業拡大のために、18世紀から陶器で有名なサンタマン、ムーラン・デ・ルー工場のすぐ近郊のオルシに窯をかまえたそうです。職人達はベルギーから呼び寄せ、日用品の制作からはじまり、19世紀終わり頃から、動物や人の型をしたピッチャーなど、芸術的な作品を制作、1923年にオルシとアマージュが合併してムーラン・デ・ルー窯になり、最盛期を迎えたそうです。1980年代にその歴史を終えたそうです。 こちらは1923年からの刻印のようです。 南フランスのプロヴァンス地方の名前がついています。白地の陶器に、ギルランドと呼ばれる、フランスの建築や装飾に見られます花飾りのモチーフが、グリーンのデカルコマニー(写し絵)技法で描かれています。フランスらしい美しくて、優雅な印象のカップです。 サイズは2種類。コーヒーカップサイズが2点と、エスプレッソ用のドゥミタスが1点入荷致しました。1点には刻印がありますが、他2点にはありません。 ドゥミタスカップの表面底近くに1カ所小さな欠けがあります。それ以外は多少の経年による汚れはありますが、年齢の割にとてもきれいな状態です。 カップ 直径9、5cm 高さ6cm 重量1点約150g ドゥミタス カップ 直径7cm 高さ6、5cm 重量約90g 価格はフランスからの送料約3100円込みの価格です。 ※3月7日現在 カップ2点はご予約済みです。ドゥミタスカップのみの販売になります。