19世紀 クレイユ・エ・モントロー カップ・アンド・ソーサー ブーケとリボン柄
5e48fa14cf327f6980410bfe 5e48fa14cf327f6980410bfe 5e48fa14cf327f6980410bfe 5e48fa14cf327f6980410bfe 5e48fa14cf327f6980410bfe 5e48fa14cf327f6980410bfe 5e48fa14cf327f6980410bfe 5e48fa14cf327f6980410bfe 5e48fa14cf327f6980410bfe 5e48fa14cf327f6980410bfe 5e48fa14cf327f6980410bfe

19世紀 クレイユ・エ・モントロー カップ・アンド・ソーサー ブーケとリボン柄

残り1点

¥9,800 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀後半のクレイユエモントロー窯のカップ&ソーサーのご紹介です。 パリから南東へ1時間くらいのモントローでは、陶器作りに適した灰色がかった白い粘土が取れ、クレイユ窯にも素材を提供していたそうです。1719、20年頃に最初の陶器製作所が出来、イギリスのクィーンズ・ウェアに対抗することを目的としていたそうです。その後イギリス人の企業家が参入、1796年に製作所はイギリス人のクリストフ・ポッターの手に渡り、イギリスではすでに発明されていた、陶器や磁器に印刷する技術を、フランスではショワジー・ル・ロワ、クレイユとともに初めて導入したそうです。それによってモントロー窯は大きく発展したそうです。1840年、クレイユ窯の経営者の死とともにモントローと合併、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらは19世紀後半、1884年からのものだそうです。 飲み口から底の方にむかって広がった下膨れな型のかわいいカップです。白地の陶器にブルーの小花とピンクのつぼみ、グリーンの茎や葉のブーケが、グリーンのリボンでまとまっているモチーフです。もともとはカップとソーサーの淵と、ブーケの絵にもゴールドの彩色がなされていたようです。繊細なタッチ、淡い色合いのかわいらしいカップ&ソーサーです。 カップ内部に軽い、表に通じていないひびが2カ所あります。カップ上部淵、ソーサー淵に金細工の痕があります。それ以外が経年の割にきれいな状態です。 カップ 直径上部8cm 一番太い部分9cm 高さ5、5cm  ソーサー 直径14、5cm 総重量250g 価格はフランスからの送料約3100円込みの価格になります。