ユゼス コルベイユ Sサイズ ブルー
new
5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d 5e48f91ac78a530b2855ba6d

ユゼス コルベイユ Sサイズ ブルー

残り1点

¥13,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。南仏のユゼスのピション窯のコルベイユのご紹介です。 南フランス、プロヴァンス地方のユゼスでは19世紀から陶器の制作が始まったそうです。1840年、マルセイユで陶芸家だった父を持つ、ジュールとジョザスのヴェルヌ兄弟が上質な陶器の制作を開始。花リムのお皿、スープ皿、ベニティエ(聖水盤)パステルイエローの釉薬、常夜灯、装飾の付いた花瓶、水筒などを制作していたそうです。でも2人は1860年には職人に製作所を残して放棄してしまいます。その後はエヴェスク氏が製作所を買い取りました。また1850年ころ、バリー氏は一般的なテラコッタ製品の制作をしていたそうです。今では1802年創業のピション家がユゼスのただ1つのアトリエだそうです。ピション氏はヴェルネの装飾も制作しているそう。編んだコルベイユ、マーブル模様の暖炉の装飾品、ベニティエ、お皿、ナイトライト、水差し、スーピエール、などなどだそうです。 こちらは、そのピション窯の代表作編み地のコルベイユ(取っ手無しパニエ)の陶器です。幾重にもかさなる陶器の編み地、ヴェルネ氏が生み出したらしいお花の装飾、南仏らしい、青空の様な、地中海の様なターコイズ・ブルーの釉薬が美しいコルベイユです。フルーツに、小物入れに、そのままでも美しいオブジェです。 直径19cm 高さ9cm 重量約750g とてもきれいな状態です。 価格はフランスからの送料約4750円込みの価格になります。