ヴァロリス オ・ヴュー・ヴァロリス コンポティエ コルベイユ イエロー
5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1 5e3ed73bc78a533bf0d675e1

ヴァロリス オ・ヴュー・ヴァロリス コンポティエ コルベイユ イエロー

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。南仏のヴァロリス窯のコルベイユのご紹介です。 南仏ニースのすぐ隣の街ヴァロリスでは、16世紀頃からイタリアから移住して来た陶器職人によって、陶器の制作が始まったそうです。ヴァロリスの耐熱性の粘土は陶器作りに適しているそうです。最初は調理用器具が制作がされていましたが、20世紀初頭にはアルミやステンレスなど金属製の調理器具が発展してきて、1940年代には陶器の制作は芸術、という別の方向へ進化しました。それ以前にもアーチストが作品を残していますが、1947年にピカソがヴァロリスで陶器の制作を始めたことによって、芸術家や建築家が集まり、ヴァロリスは陶器の中心地になったそうです。カラフルで突飛な作風が特徴です。 こちらはオ・ヴュー・ヴァロリス(昔のヴァロリス)と刻印があります。年代はわかりませんが、1960、70年代くらいではないか?と思います。ヴァロリスらしい鮮やかな、南仏の太陽の様な黄色の釉薬、でもヴァロリスにしてはシンプルな作風です。籐か柳を編んだかごのようなレリーフ、両脇に付いた取っ手も美しいコルベイユ(パニエ)です。フルーツ、またはパンかごとして、小物入れとして、テーブルやキッチンの素敵なオブジェになると思います。パニエ好きの方にもお勧めです。 1部小さな釉薬のはげが見られますが、それ以外はとてもきれいな状態です。 長さ 取っ手込み31cm 幅21cm 高さ9cm 重量約750g 価格はフランスからの送料約4750円込みの価格になります。