1940年代 ジアン ポタレ ミルク・ピッチャー ジル ストライプ
5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3 5e3eccf3cf327f2ff1da9ef3

1940年代 ジアン ポタレ ミルク・ピッチャー ジル ストライプ

残り1点

¥7,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1940年代のジアン窯のミルク・ピッチャーが入荷致しました。 ジアン窯は1821年、1774年からモントロー窯を経営していた一族出身のトーマス・エデム・ウルム、別名アールによって創立されました。実用的なものから始まり、次第に名のある家族のテーブル・ウェアや石油ランプなどを制作していきます。18世紀のルーアン、マルセイユ、イタリアのルネッサンス、イギリスのウェッジウッド、ドイツのサックス、中東の陶器などにインスピレーションを受けて制作、リーズナブルな価格で提供。または新しい、才能あふれるアーチストとのコラボレーションで新しい装飾や、1点物なども制作。19世紀、フランスの、数ある陶器製作所の中で、クレイユ・エ・モントロー、ロングヴィ、サルグミンヌ、ボルドー窯と並んで名の知れた窯だったそうです。1855年から1900年に、万博で多くの賞を受賞。生産量も最盛期を迎えたそうです。 こちらの刻印はみつけれませんでしたが、一緒に買い付けました1941年から1960年のポットと一緒だと思います。 厚地の陶器の、白地にボルドー、グリーン、ブルーの太さの違う3本の手描きのラインが描かれた、シンプルで、暖かみのあるミルク・ピッチャーです。カップにくちばしの付いたような型のかわいいお品です。 たっぷりサイズです。カフェにでも、お茶にでもお好きにお使いいただけると思います。またソーシエールとしてや、花器としてもお使い頂けるとおもいます。 以前に仕入れましたカフェ・オ・レ・ボウル、今回一緒に仕入れましたカフェ、ティー・ポットと一緒にお使い頂いても素敵だと思います。 2カ所表に通じていないちいさなキズがあります。また全体的に多少のしみがあります。(漂白剤で落ちるかもしれません)写真でご確認下さい。 高さ7cm 直径12cm 取っ手、注ぎ口込み幅18cm 重量約280g 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格になります。。