1970年代 サルグミンヌ カフェ・オ・レボウル 花柄 レッド
new
5e3ecc5794cf7b6f7974f046 5e3ecc5794cf7b6f7974f046 5e3ecc5794cf7b6f7974f046 5e3ecc5794cf7b6f7974f046 5e3ecc5794cf7b6f7974f046 5e3ecc5794cf7b6f7974f046 5e3ecc5794cf7b6f7974f046 5e3ecc5794cf7b6f7974f046 5e3ecc5794cf7b6f7974f046 5e3ecc5794cf7b6f7974f046 5e3ecc5794cf7b6f7974f046

1970年代 サルグミンヌ カフェ・オ・レボウル 花柄 レッド

残り1点

¥8,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。197年代のサルグミンヌ窯のカフェ・オ・レボウルが入荷致しました。 サルグミンヌでは1790年から陶器の制作が行われ、ナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィルロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。カラフルで楽しい作風が人気で、世界中にファンがいるそうです。最終的にはリュヌヴィル、サンクレモンに吸収され、2007年にその活動を終えましたが、リュヌヴィル、サンクレモンで制作が続けられているモデルもあります。19世紀、20世紀のフランスを代表する窯のひとつです。 こちらの刻印は1970年代以降のものと思います。 真っ白なファイアンス地に、ポショワー(ステンシル)の手法でハイビスカスでしょうか?真っ赤なお花と、反対側には丸い帯が描かれています。たっぷりサイズですので、カフェにも、ココアにも、スープにも、ご飯にもお使い頂けると思います。 たぶん未使用のデッド・ストックで、完璧な状態です。 直径16cm 高さ9、5cm 重量 約460g 価格はフランスからの送料約3500込みの価格になります。