ムーラン・デ・ルー カフェ・オ・レボウル イエロー と ピンク 1-2
5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d 5e3ecae1cf327f0f07da9c0d

ムーラン・デ・ルー カフェ・オ・レボウル イエロー と ピンク 1-2

残り2点

¥6,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。ムーラン・デ・ルー窯のカフェ・オ・レボウルが2点入荷致しました。 ムーラン・デ・ルー窯の前身、オルシ窯は1886年、エミールとジョセフのレルミネ・デクレール兄弟によって設立されたそうです。エミールはベルギーのレベにすでに陶器工場を持っていて、事業拡大のために、18世紀から陶器で有名なサンタマン、ムーラン・デ・ルー工場のすぐ近郊のオルシに窯をかまえたそうです。職人達はベルギーから呼び寄せ、日用品の制作からはじまり、19世紀終わり頃から、動物や人の型をしたピッチャーなど、芸術的な作品を制作、1923年にオルシとアマージュが合併してムーラン・デ・ルー窯になり、最盛期を迎えたそうです。1980年代にその歴史を終えたそうです。 こちらの刻印は年代がはっきりとわかりませんでしたが、カラフルな色合い、陶器の作りから戦後の1940年代後半から1950年代、60年代のものではないかと思います。面取りされたシンプルなファイアンスのボウルに、パステルカラーのイエローとピンクの彩色がされていて、さらに縁取りに金のラインが施されています。春らしい、かわいらしいボウルです。朝食やおやつなどに使いやすい大きさと思います。 たぶんデッドストックの未使用、とてもきれいな状態です。 直径13cm 高さ7、5cm 重量約300g 価格は1点、フランスからの送料約3500円込みの価格になります。