19世紀 ショワジー・ル・ロワ H・ブーランジェ おしゃべりなお皿 クリノリン
5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10 5e14ba196899fd71b8eeab10

19世紀 ショワジー・ル・ロワ H・ブーランジェ おしゃべりなお皿 クリノリン

¥5,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀半ばの、H・ブーランジェー社、ショワジー・ル・ロワ窯のおしゃべりなお皿のご紹介です。 パリ近郊のショワジー・ル・ロワの陶器工場は、パイヤー3兄弟によって1805年に設立されたそうです。1808年から、パリ、シャンティイ、モントローも手がけたイギリス人、クリストフ・ポッターと共同で印刷装飾された上質な陶器を制作。これで時代の流れに乗りました。1824年までパイヤー兄弟、その後はヴァランタン・パイヤーとイポリット・オタン(P&H)、1836年からはオタンとルイ・ブーランジェーが経営、彼らの子供同士が結婚して、その後1863年にその4人の子供達のひとりイポリット・ブーランジェー(H・ブーランジェー)が会社を相続、それによって地元の陶器製作所から、全国レベルの企業に発展します。万博で数々の賞を受賞。ジアン社とともに、パリの地下鉄の内装タイル2/3はブーランジェーのものだそうです。この成功により本社はパリ10区に移転。イポリット亡き後その子供達が継ぎ、1920年にクレイユ・エ・モントロー窯を吸収しHBCMとして、1934年にショワジー、1955年にモントローのアトリエを閉鎖するまで制作が続けられていたそうです。 こちらの刻印は1863年からのものだそうです。 ラ・クリノリンと題されたおしゃべりなお皿、デザート・プレートのシリーズです。6枚入荷致しました。 パープルっぽいブルーのデカルコマニー(写し絵)の縁取りには、鳥やメダイヨンや草花などが細かく描かれています。中央にはクリノリン、19世紀半ばに流行しましたクジラの髭(や金属)などで作られたスカートを大きく膨らませるペチコート、を風刺したイラストがグリザイユ(グレーの濃淡)で描かれています。 1、1とんでもない、アデレードと私はクリノリンは絶対身に付けないよ!危なすぎる。(クリノリンを身につけた若いお嬢さんに雷が落ちてるのを眺める老夫婦) 2、4危ない事故の恐れ有り。(クリノリンを着た2人の貴婦人にはさまれて身動き出来ない紳士) 3、5ほうら、掃除人の仕事を邪魔する流行だよ。(クリノリンを着たご婦人を眺めて、指差して、仕事にならない掃除人) 4、7クリノリン、密輸入に適用する。(入市納税所でドレスを脱がせると、クリノリンにワイン瓶やウサギ(!)がぶら下がっている) 5、8おいおい、マドレーヌが俺たちの雛鳥の鳥かごでクリノリンを作っちゃったよ。 6、9マダム、24時間クリノリンの中に閉じこもって居なさい。粋を身に付けれるでしょう。(かなり年上の夫が若い新妻にむかって) かなりおちょくられていますが、当時のファッション、生活、習慣などがかいま見られて楽しい、美しいシリーズです。もともとは12枚セットだったと思うのですが、6枚のみの入荷です。デザート用のお皿です。 8のみ多少経年のため黄ばんでいますが、その他はとてもきれいな状態です。 ご注文の際にご希望の番号をお知らせ下さい。 直径20cm 重量約210g 価格は1枚、フランスからの送料約3100円込みの価格になります。まとまいますと送料の関係上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。