19世紀後半 ショワジー・ル・ロワ H・ブーランジェー おしゃべりなお皿 花言葉 1−6
new
5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f 5e14abd4d790db358257d79f

19世紀後半 ショワジー・ル・ロワ H・ブーランジェー おしゃべりなお皿 花言葉 1−6

¥6,500 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀後半のショワジー・ル・ロワ窯のデザート・プレート、おしゃべりなお皿が入荷致しました。 パリ近郊のショワジー・ル・ロワの陶器工場は、パイヤー3兄弟によって1805年に設立されたそうです。1808年から、パリ、シャンティイ、モントローも手がけたイギリス人、クリストフ・ポッターと共同で印刷装飾された上質な陶器を制作。これで時代の流れに乗りました。1824年までパイヤー兄弟、その後はヴァランタン・パイヤーとイポリット・オタン(P&H)、1836年からはオタンとルイ・ブーランジェーが経営、彼らの子供同士が結婚して、その後1863年にその4人の子供達のひとりイポリット・ブーランジェー(H・ブーランジェー)が会社を相続、それによって地元の陶器製作所から、全国レベルの企業に発展します。万博で数々の賞を受賞。ジアン社とともに、パリの地下鉄の内装タイル2/3はブーランジェーのものだそうです。この成功により本社はパリ10区に移転。イポリット亡き後その子供達が継ぎ、1920年にクレイユ・エ・モントロー窯を吸収しHBCMとして、1934年にショワジー、1955年にモントローのアトリエを閉鎖するまで制作が続けられていたそうです。 こちらは1975年以降の刻印だそうです。 通常12枚セットのおしゃべりなお皿のセットの7枚が入荷致しました。 淵の部分は、パスマントリー(トリミング用の飾り布、飾りひも)柄といえばいいのでしょうか? が明るいブルーのデカルコマニー(転写画)で描かれています。 真ん中のグリザイユ(モノトーン)画の題は、花言葉です。がやっぱりユーモア、言葉遊びになっています。 1、モクセイソウ  2、マーガレット 純真無垢 3、タンポポ 不運 4、りんごの花 好み 7、なでしこ 手練手管 8、野の花 純愛 9、丁字(クローブ)すばやさ です。 19世紀の生活習慣などかいま見るのに楽しいと思います。 お料理にお使い頂いても、インテリアとして壁などに飾られても素敵なお皿です。 4のりんごの花は表から裏に通じるひびが1本あります。 その他は年齢の割にきれいな状態です。 ご注文の際にご希望の番号をお知らせ下さい。 直径 20cm 重量約300g 価格はフランスからの送料約3100円込みの価格です。