1920年代 リモージュ ジロー窯 ミニピッシェ 白磁器製
5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc 5e0cb0b30cc8de48742534cc

1920年代 リモージュ ジロー窯 ミニピッシェ 白磁器製

残り1点

¥8,500 税込

送料についてはこちら

こんにちは。リモージュの白磁器のご紹介です。 フランス中部、アキテーヌ地方のリモージュの磁器の歴史は、1765年から1770年ころに、硬質で、半透明な、磁器の生産に不可欠なカオリンが近郊で発見されたことで始まりました。当時はルイ15世やアルトワ伯爵に保護されセーブル付属になったり、リモージュの白いカオリンは良質で、ヨーロッパの他の名だたる磁器メーカーに原料を供給したり、19世紀にはアメリカ人ハヴィランドの参入でアメリカ初め、世界中にリモージュの名前が広がり、現在まで数世紀に渡って、セーブルとともに、フランスを代表する磁器の生産地です。 ジロー窯はアンドレ・ジローによって1920年に創立されたそうです。クリーム・ポットやカップ&ソーサーを得意とした窯で、ニューヨークのMOMA(ニューヨーク近代美術館)にも作品が納められているそうです。窯は1989年まで制作を続けていたようですが、こちらの刻印は1920年から1935年のものだそうです。 こちらはミルク・ピッチャーと思います。脚付きのクラシックな様相 ですが、鶏のくちばしの様な注ぎ口や、恐竜のようなイボイボのついた持ち手が、同時にとてもモダンで、創造性のある印象のピッチャーで、約100年前のお品ということに驚かせられます。もしくは一輪挿しとして、そのままでもインテリアになる美しいお品です。お好きにお使い頂けると思います。 上部の淵にたぶん金の装飾がしてあったものがはげてしまった後があるのですが、それ以外はとてもきれいな状態です。 高さ13cm お腹部分直径7cm 取っ手込み幅9cm 重量約160g 価格は1点、フランスからの送料約3100円込みの価格です。 まとまりますと送料の関係上お得になります。その場合はお支払い前にご連絡下さい。