1900年代 バドンヴィレー ディナー・プレート 平皿 ノルマンディー チェックと花柄 1−7
new
5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c 5e0caa345b120c2a4d11961c

1900年代 バドンヴィレー ディナー・プレート 平皿 ノルマンディー チェックと花柄 1−7

¥5,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1900年代のバドンヴィレー窯のディナー・プレートが入荷致しました。 グラン・エストと呼ばれていますフランス東部にありました、バドンヴィレー窯は19世紀、1828年に、隣町に18世紀、1719年からありましたペクソンヌ窯の一族から独立しました、ニコラ・フネルによって創立されたそうです。窯に必要な薪に事欠かないロレーヌ地方の森の近く、という立地を利用発展、1950年代にはフランス国内の約30%の陶器を生産していたそうです。最終的にリュネヴィル、サンクレモン、その後にサルグミンヌに吸収されて1990年に閉鎖されるまで150年間陶器の制作を続けたそうです。 こちらは1900年代の刻印だそうです。 ノルマンディーとフランス北部の地方の名前が付いています。 白地のファイアンス(陶器)地に、ポショワー(ステンシル)手法で、チェックの様な、またはマトラッセ(キルティング)の様なますが描かれていて、その交差するところには、桜の花に良く似たりんごの花のつぼみでしょうか?もしくは野に咲く小花でしょうか?が丸い型で3輪づつ描かれています。お皿の淵にはチェーンのような模様が赤で、真ん中には同じく赤い薔薇の花が1輪と、その葉っぱや枝がグリーンで描かれています。 なかなか見かけないオリジナリティーのあるデザインですが、かわいらしい、バドンヴィレー窯らしいお皿です。 8枚入荷致しました。 1枚はきれいな状態です。あとは多少のカトラリーの痕が表面にみられます。2枚は裏に貫通していない薄いひびが表にみられます。写真でご確認下さい。また別の写真ご希望の方はメールでお問い合わせ下さい。 直径 22、5cm 重量1枚約 350g  価格はフランスからの送料約3500円込みの価格になります。