19世紀後半 クレイユ・エ・モントロー カップ&ソーサー 唐草模様
new
5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc 5de3ae84f65aec4f579361dc

19世紀後半 クレイユ・エ・モントロー カップ&ソーサー 唐草模様

残り1点

¥13,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年その経営者の死とともに、パリから南東へ1時間くらいのモントロー窯と合併しました。1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。数々の万博で賞を受賞。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらの刻印ははっきりとした年がわからないのですが、1860、70年代のもののようです。 唐草模様といえばいいのでしょうか?白地の陶器に濃いグリーンのボタニカル模様が、デカルコマニー(写し画)手法で描かれています。当時流行した壁紙のような美しい模様です。さらにその上からゴールドの装飾がされています。カフェ・オ・レかショコラショー用のたっぷりサイズです。 カップ直径10cm 取っ手込み幅13cm 高さ7cm ソーサー直径18cm 高さ2、5cm 総重量440g カップの淵など、ところどころゴールドの装飾がはげています。 カップの内部、ソーサーの裏側など、全体的に年齢なりの黄ばみがあります。 アンティークな状態がお好きな方、アンティークに理解のある方にお勧め致します。 価格はフランスからの送料約3400円込みの価格になります。