19世紀後半 クレイユ・エ・モントロー カフェ・オ・レ・ボウル 3
new
5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf 5de3abd6bac65b168aefa9cf

19世紀後半 クレイユ・エ・モントロー カフェ・オ・レ・ボウル 3

残り1点

¥11,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年その経営者の死とともに、パリから南東へ1時間くらいのモントロー窯と合併しました。1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。万博にて数々の賞を受賞。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらは1892年以降の刻印のようです。 白地の陶器に、グリーン、イエロー、ブラウン色の模様がステンシル手法で装飾されています。植物の葉のような、アラベスク柄の様な、またはローシャッハテストのような不思議で美しい柄です。そこにさらにボウルの上部淵、脚部分にはもともとゴールドの装飾がされていたようです。19世紀末のベルエポックと呼ばれる時代の華やかな雰囲気のカフェオレボウルです。 ゴールドの装飾がところどころはげています。内部に経年によるしみがあります。その他はカケやひびなどはありません。 カフェオレや、ショコラショー、スープなどお好きにお使い頂けます。 直径13cm 高さ10cm 重量約250g 価格はフランスからの送料約3400円込みの価格になります。まとまりますと送料の関係上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。