1960年代 ジアン アーティチョーク ソース入れ ソーシエール カーキ
new
5dc0e06a965803562790d619 5dc0e06a965803562790d619 5dc0e06a965803562790d619 5dc0e06a965803562790d619 5dc0e06a965803562790d619 5dc0e06a965803562790d619 5dc0e06a965803562790d619 5dc0e06a965803562790d619 5dc0e06a965803562790d619 5dc0e06a965803562790d619

1960年代 ジアン アーティチョーク ソース入れ ソーシエール カーキ

残り2点

¥5,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 ジアン窯は1821年、1774年からモントロー窯を経営していた一族出身のトーマス・エデム・ウルム、別名アールによって創立されました。実用的なものから始まり、次第に名のある家族のテーブル・ウェアや石油ランプなどを制作していきます。18世紀のルーアン、マルセイユ、イタリアのルネッサンス、イギリスのウェッジウッド、ドイツのサックス、中東の陶器などにインスピレーションを受けて制作、リーズナブルな価格で提供。または新しい、才能あふれるアーチストとのコラボレーションで新しい装飾や、1点物なども制作。19世紀の数あるファイアンスリー(陶器製作所)の中で、クレイユ・エ・モントロー、ロングヴィ、サルグミンヌ、ボルドー窯と並んで名の知れた窯だったそうです。1855年から1900年に、万博で多くの賞を受賞。生産量も最盛期を迎えたそうです。現存する数少ない窯のひとつです。 こちらは以前にご紹介致しましたアーティチョーク用のお皿とセットになります、ソース入れ、小ボウル、小鉢のご紹介です。カーキ色またはオリーブ・グリーンのこちらのお色、酸化した銅のようにまばらなことから、フランスではヴェール・ブロンズ(ブロンズ・グリーン)とも呼ばれているそうです。ジアンは約10年ごとに刻印を変えていますが、こちらは1960年代のものになります。フレンチでしたらオリーブやコーニション(ピクルス)などにもお使い頂けると思います。和食にもなじみやすい大きさです。同じシリーズのラヴィエ、オイスター・プレート、アーティチョーク・プレートなどと揃えても楽しいと思います。 とてもきれいな状態です。 2点あります。 直径10cm 高さ6、5cm 重量1点約160g 価格は1点、フランスからの送料約3050円込みの価格になります。まとまりますと送料の関係上お特になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。