19世紀後半 ジアン ディナープレート マリー・アントワネット 鳩柄
new
5d904fcbbc45ac3b5abee233 5d904fcbbc45ac3b5abee233 5d904fcbbc45ac3b5abee233 5d904fcbbc45ac3b5abee233 5d904fcbbc45ac3b5abee233 5d904fcbbc45ac3b5abee233 5d904fcbbc45ac3b5abee233 5d904fcbbc45ac3b5abee233 5d904fcbbc45ac3b5abee233 5d904fcbbc45ac3b5abee233

19世紀後半 ジアン ディナープレート マリー・アントワネット 鳩柄

残り1点

¥5,300 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 ジアン窯は1821年、1774年からモントロー窯を経営していた一族出身のトーマス・エデム・ウルム、別名アールによって創立されました。実用的なものから始まり、次第に名のある家族のテーブル・ウェアや石油ランプなどを制作していきます。18世紀のルーアン、マルセイユ、イタリアのルネッサンス、イギリスのウェッジウッド、ドイツのサックス中東の陶器などにインスピレーションを受けて制作、リーズナブルな価格で提供。または新しい、才能あふれるアーチストとのコラボレーションで新しい装飾や、1点物なども制作。19世紀の数あるファイアンスリー(陶器製作所)の中で、クレイユ・エ・モントロー、ロングヴィ、サルグミンヌ、ボルドー窯と並んで名の知れた窯だったそうです。1855年から1900年に、万博で多くの賞を受賞。生産量も最盛期を迎えたそうです。 こちらは1886年から使用された刻印だそうです。マリー・アントワネットの名前が付いています。以前に買い付けたお皿もそうでしたが、白い鳩がマリー・アントワネットのシンボルなんでしょうか?こちらも上部にMの字っぽくかたどられた巣に2羽の鳩のつがい、中央に4匹の羽ばたく鳩、そして下部にもMの字っぽい蔦の装飾がされています。やはりドラマティックな構図だと思います。 直径21、5cm 貫入に入り込んだシミがあります。カケ、ヒビとうはないです。アンティークな状態をお楽しみ頂ける方にお勧め致します。 価格はフランスからの送料約3400円込みの価格になります。まとまりますと送料の関係上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。