20世紀前半 ビレロイ&ボッホ ブルゲンランド ミニミルクピッチャー
new
5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d 5d6eafe8e4fc39712a15760d

20世紀前半 ビレロイ&ボッホ ブルゲンランド ミニミルクピッチャー

残り1点

¥5,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。20世紀前半のものと思われます、ドイツのビレロイ&ボッホ窯製、プチポタレ、ミニミルクピッチャーのご紹介です。 ロイヤル・コペンハーゲン、マイセンと並んでヨーロッパの3大窯と言われるビレロイ&ボッホは、1748年、ドイツ人フランソワ・ボッホにより、今のフランス、ロレーヌ地方に創立されました。その後ルクセンブルグに工場を設立、マリア・テレジアの庇護を受け、王室御用達となりました。一方二コラ・ビレロイは1791年にヴォードルヴァンジェに陶磁器工場を創立。その後競争が激化するヨーロッパの陶磁器業界において確固たる地位を築くため、職人肌のボッホ家と、ビジネスマンのビルロイ家は3つの工場を合併し、ビレロイ&ボッホが誕生したそうです。現在はドイツのメトラッハに本社を構えるそうです。(ビレロイ&ボッホ日本語サイト参照) こちらはブルゲンラントというシリーズです。旧ハンガリー領、現オーストリアの、1922年に決められた州の名前だそうで、ドイツ語で城の多い州という意味だそうです。州の制定の記念に作られたシリーズかもしれません。 こちらの刻印は1913年から1947年までのもののようです。 現在は生産されていないようですが、ヴィンテージでは時々みかけますので、当時人気のシリーズだったようです。 ブルゲンラント州の、たぶん17世紀くらいでしょうか?のお城や湖などの牧歌的な風景が、人物とともに、カマイユ(白地にブルーの濃淡)で描かれています。実は同シリーズのココアカップは3つ買い付け、3つとも絵柄が違ったのですが割れてしまいました。クラッシックで美しいシリーズです。こちらは本当に小さくてディネット(おままごと用食器)の様なかわいらしいミルクピッチャーです。お1人用と思います。他にカップ、シュガーポット、バターケースなども仕入れましたので、セットでお使い頂いても素敵だと思います。 チップ、シミなどなく、とても綺麗な状態です。 長さ9cm 幅6cm 高さ5cm 重量約60g 価格はフランスからの送料約3200円込みの価格になります。まとまった場合送料の関係で割安になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。