19世紀前半 クレイユ デザートプレート オクトゴナル グリザイユ ランクB 1ー3
5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a 5d6d6ec965d32665fa19db9a

19世紀前半 クレイユ デザートプレート オクトゴナル グリザイユ ランクB 1ー3

残り3点

¥9,000 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀前半、1820年前後のクレイユ窯のオクトゴナル型グリザイユ画法のデザートプレートのご紹介です。 パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年その経営者の死とともに、パリから南東へ1時間くらいのモントロー窯と合併しました。1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 クレイユ・エ・モントローの人気のオクトゴナル(八角形)のデザートプレートです。陶器や磁器に印刷する技術はイギリスではすでに発明されていたそうですが、フランスではショワジー・ル・ロワ、モントローとともにクレイユが初めて導入したそうです。こちらは1820年前後の発明特許のスタンプが、クレイユの刻印とともに押されています。 シリーズのテーマは「ローマ帝国の歴史」のようです。 B−1 2度目のスポリア・オピーマ (古代ローマの軍人が受けた最高にして最も神聖な栄誉・勲章) 紀元前435年 B−2 がちょうに救われた国会議事堂(神話)紀元前387年 B−3 ファビウス・ドルソ(ローマの政治家・軍人) 紀元前387年 だそうです。難しいですね。お勉強になりました(笑) 男性的なテーマ、絵柄なので、男性にもお勧めです。 ふちに施されたパールのレリーフ、裏側からみた形状も美しい、200年前、レストラシオン(王権復古、ルイ18世、シャルル10世)時代の大変貴重なお皿です。 こちらはランクB、多少のキズ、欠け、経年による汚れなどがあるもので、3枚ございます。アンティークにご理解のある、この状態を楽しんで頂ける方にお勧め致します。ご購入時にご希望の絵柄を番号でお知らせ下さい。 直径21、5cm 高さ2cm 重量約230g 価格は1点、フランスからの送料約3390円込みの価格になります。まとまりますと送料の関係上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。