19世紀 クレイユ・エ・モントロー ラヴィエ ダミエ レッド
new
5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc 5d6d465900631f68efc813dc

19世紀 クレイユ・エ・モントロー ラヴィエ ダミエ レッド

残り1点

¥6,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀後半か20世紀前半のものと思われます、アペタイザー皿、ラヴィエのご紹介です。 パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年その経営者の死とともに、パリから南東へ1時間くらいのモントロー窯と合併しました。商号 Lebeuf, Milliet et Cie (L.M et Cie) ルブフ・ミリエ・エ・コンパニーとして、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。万博で数々の賞を受賞。19世紀のフランスを代表するファイアンスリー(陶器製作所)の1つです。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらの刻印は1892年以降に使われていた様です。ラブラドーというシリーズのダミエ(市松模様)というサービスです。同じ柄のブルーのシリーズは見かけていたのですが、レッドは初めて見ました。こうなるとブルーも買い付けたくなるのがコレクター魂ですね。赤いダミエの縁取りと、樹でしょうか?のモチーフがかわいらしいラヴィエです。朝食におやつに、前菜用に、または小物入れなど、お好きにお使い頂けると思います。 長さ24cm 幅14cm 高さ3、5cm 重量290g 写真のように経年からの多少のシミが見られます。チップはございません。 価格はフランスからの送料約3200円込みの価格になります。まとまりますと送料の関係でお得になります。その場合はお支払い前にご連絡ください。