1920年代  サルグミンヌ デザートプレート おしゃべりなお皿 マ・ノルマンディー 1−5
new
5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4 5d62c0b48e69196ad06271f4

1920年代  サルグミンヌ デザートプレート おしゃべりなお皿 マ・ノルマンディー 1−5

¥6,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1920年代のサルグミンヌ窯のデザートプレートのご紹介です。 グラン・ウエストと言われるフランス東部、ドイツの国境沿いのサルグミンヌでは1790年から陶器の制作が行われ、ナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でビレロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。カラフルで楽しい作風が人気で、世界中にファンがいるそうです。フランス第3の都市リヨンに近いディゴワンでは、きめ細かな土が豊富で、濃密で均質な生地が出来る事から18世紀、1776年から陶器の制作が行われていました。一時フランス革命の影響で活動は途絶えてしまったものの、その後再開、1877年にはドイツ国境沿いにあったサルグミンヌ壺が戦争の影響でドイツ領になってしまい、他のフランス領の土地を求めて、ディゴワンの地に窯を構えました。最終的にはリュヌヴィル、サンクレモンに吸収され、2007年にその活動を終えましたが、リュヌヴィル、サンクレモンで制作が続けられているモデルもあります。 こちらは「マ・ノルマンディー」私のノルマンディーという名のシリーズです。5枚、4種類の絵柄を入手致しました。フランスの北西部ノルマンディー地方の人々が、伝統衣装、風景などとともに紹介されている、ポリクローム(多色使い)の、楽しい、美しいお皿です。 1と5、 水汲みの女の子とシルクハットの紳士。同柄が2枚あります。 2、羊飼いと犬と羊 3、漁師と女性2人 4、ろばに乗る女性とろば飼い オーダーの際にどちらの絵柄がご希望かお知らせ下さい。 周りはノルマンディーの特産品、りんごの花で飾られています。 直径20、5cm 重量約280g 全て未使用のデッドストック、新品状態です。 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格になります。まとまりますと送料の関係上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。