19世紀半ば クレイユ・エ・モントロー おしゃべりなお皿 ポリクローム 1-3
new
5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6 5d629b4e66d86c49329028c6

19世紀半ば クレイユ・エ・モントロー おしゃべりなお皿 ポリクローム 1-3

残り3点

¥7,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀半ばのクレイユ・エ・モントローのポリクローム(多色使い)のおしゃべりなお皿、デザート・プレートのご紹介になります。 パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年その経営者の死とともに、パリから南東へ1時間くらいのモントロー窯と合併しました。商号 Lebeuf, Milliet et Cie (L.M et Cie) ルブフ・ミリエ・エ・コンパニーとして、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。万博で数々の賞を受賞。19世紀のフランスを代表する窯の1つです。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらの刻印は1940年の合併後すぐのもののようです。 フランスでは18世紀のストラスブール窯が初めて成功したといわれる、ポリクローム(多色使い)の絵付けは、グリザイユ(白黒)カマイユ(ブルーと白)などに比べて、火加減が難しいそうです。 こちらは美しい多色使いのおしゃべりなお皿です。シリーズのテーマはわかりませんが、1枚づつのタイトルは、 1、フルート奏者 2、鳥の巣 3、読書のレッスン となっています。 縦巻きの髪や、ストライプのスカート、寝室の水差しと洗面器のセット、垂直な背もたれの椅子など、1850年代当時のファッションや、文化、生活の様子がうかがえて楽しいです。淵もお花と唐草模様がカラフルに描かれています。 おやつの時間に、朝食に、いつもの食卓を一味変えてくれる華やかさです。 直径約21cm 重量約320g シミ、欠けなどなく大変きれいな状態です。たぶん未使用のデッドストックだと思います。 価格はフランスからの送料約3390円込みの価格となります。まとまりますと送料の関係上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。