1980年代 シューマン窯 ドイツ製 磁器製 コンポティエ 白
5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286 5d628a4a2e89b70495a4c286

1980年代 シューマン窯 ドイツ製 磁器製 コンポティエ 白

残り1点

¥9,800 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1980年代のドイツ、バイエルン地方のシューマン窯のミニ、コンポティエのご紹介です。 シューマン窯は1881年、クリスチャン・ハインリッヒ・シューマンと、ビジネス・パートナーのフランツ・フェルディナンド・リースによって、磁器で有名なドイツ、バイエルン地方のアルツベルグに設立されたそうです。その後代々子孫に引き継がれ、1950年代には従業員1100人の最盛期を迎えたそうです。1990年代に生産を終えたそうです。 こちらは1980年代のヴィンテージのようです。シューマン窯はこちらのコンポティエの様な、アジュレ(穴あき)の磁器が得意だったようです。ドイツ製らしい精密で、硬質の、真っ白な磁器製です。レースのようなかご部分と、あしもとのチェックや小花のレリーフも美しい、小型でかわいらしいコンポティエです。 直径18、5cm 重量約470g とてもきれいな状態です。 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格になります。