19世紀 オパリン ブージョワー キャンドルスタンド 1−2
new
5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d 5d6285160491d17aeb6b916d

19世紀 オパリン ブージョワー キャンドルスタンド 1−2

残り2点

¥9,800 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀のフランスで人気のありました、オパリン製のキャンドル・スタンドのご紹介です。 16世紀のベネチアン・ミルク・グラス、18世紀のイギリス、ブリストルのホワイト・グラスをめざして18世紀後半のフランスで発明されたのがオパリン(不透明な)ガラスだそうです。ガラスに酸化スズ(エタン)や動物の骨や角の粉や、色によって添加物はいろいろだったようです、を混ぜたもので、吹きガラスで、鋳造ガラスのような継ぎ目がなく、ほとんどのオパリン製品はサインや刻印はないそうです。1800年から1920年ころまでのフランスで多く生産されたそうです。当初富裕層に人気で、ル・クルーゾ、バカラ、サン・ルイなどのメゾンのクリスタルの需要が低下し、次々とオパリンの生産に乗り出したそうです。 こちらはその19世紀のものと思われます、オパリンのブージョワー、キャンドル・スタンドです。真っ白な2点が入荷致しました。上下部分にパールの様なレリーフ、その上下にはローブの様な、全体にはストライプのレリーフの入った、シンプル、カジュアルながら優雅なデザインです。オパリンらしい柔らかい、優しい質感と、色合いが魅力のキャンドル・スタンドです。どちらも未使用のデッド・ストックと思われます、完璧な状態です。キャンドル・スタンドとして、重みがありますのでペーパー・ウェイトとして、ただオブジェとしても存在感のあるお品です。 直径底部9、5cm 高さ18cm 重量約415g 価格は1点、フランスからの送料約3500円込みの価格になります。まとまった場合、送料の関係上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。